若年性脱毛症の特徴と症状 | 【育毛剤】本当に薄毛に効果のある育毛剤の通販8種類を比較ランキング!

若年性脱毛症の特徴と症状

年齢を重ねて老化が原因でなる薄毛であればやむを得ないと納得せざるをえませんが、20~30代でこれから出会いもあるような人が薄毛になってしまうのは、諦めきれないですし深刻な悩みにもなってしまいます。どうして若い年齢なのに薄毛になってしまうのでしょうか?

 

この若年性脱毛の原因は、男性ホルモンの分泌が多すぎる事や、遺伝であったり、ストレスや睡眠不足、乱れがちな生活習慣など色々考えられます。最も大きな原因としては皮脂が分泌されすぎて、それが毛穴の奥につまっている古い角質が混ざり合って、それが毛穴を塞いでしまうことが挙げられます。

 

これによって、普通なら成長期であるばずの毛根細胞が本来の働きができず、髪が寿命を果たす前に抜けてしまい、薄毛になってしまいます。そして、毛髪も通常より細くなりがちで、全体的に頭部が薄く見えてしまうようになります。

 

年齢が若くて、肌のハリがある状態でも、毛髪が薄くなってしまうと、通常の年齢より老けて見られてしまいがちです。これが進んでしまうと、人と合うのが嫌になったり、コンプレックスを抱えてしまいがちになります。

 

そうなる前に、出来るだけ早い段階で対処をしたいものです。そのために、角栓様物質が出来てしまう原因である、毛穴の奥に古い角質が詰まることを取り除くようにしましょう。現在では、角栓様物質を取り除くのに適した育毛剤が販売されています。極超微粒子が含まれた育毛剤などは、角栓様物質に効果が期待できます。