自分の薄毛はどんなタイプ? | 【育毛剤】本当に薄毛に効果のある育毛剤の通販8種類を比較ランキング!

自分の薄毛はどんなタイプ?

どうも最近薄毛が目立ってきたな…と感じたら、まず自分の薄毛はどのタイプであるかを確認しましょう。薄毛の対策はその種類によって異なりますし、タイプの見極めを間違え、誤った対処法をした場合には、逆に薄毛を悪化させてしまうことにもなりかねません。そのならないためには、しっかり自分の薄毛のタイプを分析しましょう。

まずは脂っこいフケとその周辺に繁殖した最近が炎症を引き起こすことが原因で薄毛が進行する脂漏性脱毛というものがあります。脂ぎったフケが毛穴を詰まらせることで、毛髪が生えてくる進路を防いでしまうことで、頭皮の状態を悪化させて炎症を起こしてしまうのです。頭皮が赤くなって痒くなった上、髪が抜けてくるようになります。

 

次に強すぎるシャンプーをしかも何度も使ってシャンプーを繰り返し、頭皮に強い刺激を与えてしまうことで起きるひこう性脱毛症があります。これはアレルギーのようなもので、乾燥したフケが大量に発生します。フケが毛根を塞いでしまい、炎症が起きてしまいます。フケだけでなく、頭皮まで乾燥し始め、髪がだんだんとやせ細っていってしまいます。炎症が痒くて頭皮を掻きむしりたくなりますが、それはさらに悪化させてしまうことになります。

 

円形や楕円形など局所的な脱毛が、いきなり襲ってくるのが円形脱毛症で、頭部の一部に起きる「単発型」と脱毛部分が移動して広く広がっていく「多発型」があります。今のところはっきりと因果関係がつかまれていませんが、ストレスとの関係が指摘されています。

 

普通なら成長期にあるはずの毛根細胞が、普通に作用せず髪が寿命が来る前に抜け落ちてしまう若年性脱毛があり、これ

 

はとても深刻な問題です。髪もまだまだ成長する時期におこってしまうものですが、早めの対処が必要です。