ミノキシジルの薄毛対策として効果 | 【育毛剤】本当に薄毛に効果のある育毛剤の通販8種類を比較ランキング!

ミノキシジルの薄毛対策として効果

現在発毛剤で有効なものとして、ミノキシジルとフィナステリドが2大主流になっています。そのうちミノキシジルについて、薄毛対策としてどうなのかについて考えていきます。

 

まずは、ミノキシジルはどんなものなのかというと、頭皮の血行を促進させる成分であるということで、この成分が含まれた有名な製品ではリアップがあり、一度は聞いたことがあるかと思います。

 

もともと、ミノキシジルは、高血圧の患者の血圧を下げるため使われている降圧剤でした。使用ししているうちに、それらの患者が多毛症になったことから、育毛剤としての可能性が期待されて、開発されてきました。

 

研究していてわかってきたこととして、ミノキシジルは毛母細胞が活発に分裂するようになることで,毛包全体が成長していき、髪が太く育つようになるようです。

 

AGAつまり男性型脱毛症の場合ですと、毛包自体は大丈夫でも、男性ホルモンの影響で毛髪のヘアサイクルが異常に短くなってしまうことで、髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまうのですが、ミノキシジルは男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の脱毛シグナルで弱くなった毛包を活性化させて、発毛を促進するというものです。

 

しかし、このミノキシジルが毛母細胞を活性化するしくみはまだ詳しく解明されていません。しかし、ミノキシジルの使用で、発毛につながった実例があることが認められ、発毛剤として使われるようになりました。発毛につながる確かな仕組みはわかってはいないとはいえ、ミノキシジルは薄毛対策として効果が期待出来るかといえば、期待できるといえると思います。