プロペシアの使用上の注意と副作用 | 【育毛剤】本当に薄毛に効果のある育毛剤の通販8種類を比較ランキング!

プロペシアの使用上の注意と副作用

プロペシアをご存知ですか?このプロペシアは男性型脱毛症すなわち「AGA」の治療薬として、注目を集めています。このプロペシアは製品の固有名詞で、成分の名前はフィナステリドというものです。

 

これは、まずは男性型脱毛症(AGA)に対しての治療薬なのですが、AGAとはどんなものでしょうか?

 

AGAは主に男性がなるもので、思春期以降に始まり、男性ホルモンの影響で髪の毛が柔らかく、細く、短く、そして少なくなってしまい、それが進んでいってしまいます。これは男性ホルモンが脱毛シグナルを出すことで、髪の成長期を終わらせてしまう仕組みになっています。

 

この脱毛シグナルを出す男性ホルモンは、ジヒドロテストステロンといいますが、AGAはこの生成を抑制することで脱毛の原因を抑えていく薬です。これは保険がきかず、自由診療で全額負担になります。

 

このプロペシアを半年ほど服用していくと、効果が現れ出すようですが、半年服用して効果が無い場合には使用をやめる場合があります。

 

またプロペシアは、安全性や有効性についてはまだまだ研究途上の段階のようです。前立腺などの検査をする際は正しい数値がでない可能性があるので、プロペシアを服用しているということは医師に伝えるようにしましょう。

 

プロペシアは人によっては、かゆみや蕁麻疹が出る場合もあるようです。服用していて違和感を感じた場合にはすみやかに医師に相談し、使用を控えたほうがよいでしょう。

 

プロペシアはあくまでもAGAの治療で使うものなので、男性のみの適応となります。妊婦や授乳中の人などは絶対に服用しないようにして下さい。